ファクタリングは借入ではないと知っておく

会社経営をするときには、いろいろな知識を知っておかなければいけません。資金繰りに関しては特に重要性が高いです。



上手に資金を管理していかないと支出に対応できなくて、経営ができなかったり、企業の信頼を失ってしまうことになります。そのため、会社のなかには必要以上の資産を持っておくことがポイントになります。
資産とは、流動性が高くてすぐに使うことができるものです。代表的なものには、現金や預金や有価証券があります。



売上を計上したときの売掛金は資産ではありません。


流動性が低く、現金にするまで時間がかかるからです。大きな支出があるときには、どの会社でも資金調達をします。



しかし、資金が集まらないときには、ファクタリングを検討するといいでしょう。

金融機関から借入もできない状況の会社の場合には、ファクタリング会社に売掛金を売却しましょう。

ファクタリングを使うことで、売掛金を現金にできます。


ファクタリング会社によって現金にできるまでの日数は違いますが、はやいところで即日に対応してくれるところもあります。

また、ファクタリングは借入ではありません。
利用するときには、審査はおこなわれません。

年利や利息は発生せず、そのかわりに手数料が発生します。
手数料が差し引かれた金額が入金されるのです。

借入ができなくて資金調達しなければいけない場面で利用するといいでしょう。


上手に使えば、経営状態が悪くても資金の確保ができます。

おすすめのファクタリングの秘訣

企業にとって売上をあげる方法は二つあります。得意先に現金で支払いをしてもらうか売掛金として売上を計上するかです。...

more

おすすめのファクタリングを身に付けよう

ファクタリングとは、他人が保有している売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことです。なお売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が完了しているにもかかわらず、請求済みであるものの支払いが行われていない債権のことを指します。...

more

おすすめのファクタリングの事柄

会社を経営するときには、資金調達の方法をいくつか持っておくといいでしょう。会社のなかに豊富な資産があれば、従業員の給料や社会保険料の支払いのときもあせる必要がありません。...

more

ためになるおすすめのファクタリング

売掛金が大量にあっても現金がなくては、会社を経営するのは厳しくなってきます。売上が高くても流動性がある資産を所持していなければ、急な出費に対応ができません。...

more